視力回復したいなら知っておきたこと|視界をクリアにするために

眼科で回復させる

ランドルト環

眼科へ行ってみよう

生活習慣を見直しても、トレーニングを続けていても、なかなか視力回復できない時は眼科へ行ってみてはどうでしょうか。眼科では、視力回復ができる手術や機器があるので、医療の力によって視力回復を望めます。視力回復の代表的な方法は、レーシック手術です。これは、網膜にフラップというふたをして、その上から特殊なレーザーを照射して目の屈折力を安定させます。そうすることで、視力が矯正されて回復するという治療法になります。ただ、デメリットもあるので人によっては受けにくいと感じているでしょう。それに、職業によってはレーシック手術を受けると働けないということもあります。ですから、この手術は必ず適応検査を行なってから手術を受けられるかどうかを判断します。受けられる場合は、短時間で視力回復を期待できます。

定期的に通って回復する

レーシック手術を受けられなかった場合は、アイトレという機器を使った視力回復を行なってみてはどうでしょうか。この機器は、ただ低周波を目の周りにあてるだけで眼筋を鍛えることができます。これは、一度で効果を実感することは難しいですが、定期的に通い続けることで0.01の視力だった人が1.5まで視力が回復したというほど高い効果を期待できます。また、一切眼球などに触れずに視力回復できるので目の負担が全くないので今後の視力回復の治療に多いに役立つ機器だといわれています。取り扱っている眼科が増えてきていますので、気になる人は一度使用してみてはどうでしょうか。